スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメバチの襲撃

8月に入ってから連日雨が降りましたが、下旬にしてようやく夏らしいお天気になりました。
でも吹く風にどことなく秋を感じます・・変な気候だなぁと思うけどちゃんと季節は巡ってくるのかな。
今年は練馬も茨城もオオスズメバチを見かけません。
代わりにというわけではないでしょうけど、コガタスズメバチが来ています。
写真は、ミツバチを捕まえに来たコガタスズメバチをミツバチが集団で囲んでいるところです。
ミツバチ団子の中にコガタスズメバチ1匹が居て、ミツバチ達の熱で殺されてしまいます。

オオスズメバチならば、虫取り網で捕まえて駆除するのですが、コガタなので娘達に任せます。
負傷者も見た所、3匹くらい。オオスズメバチ相手ならば10や20匹は死んでしまいますから・・・。

集団生活をしている生き物は、「サボる者」がいると、以前どこかの研究発表を聞いたけど、この戦いを見て、野次馬蜂もいたり、戦わず見回りする振りをして隅の方で2匹顔を舐め合っていたり・・本当だわ!と興味深かったです。
人間社会にもありますよね~(笑)
あ、でも研究発表では「サボり」は必要なんですって。サボりという言葉が不適切かな、休む者と働く者がいて、今回のような襲撃時に働き者が破られたら休んだ者が加勢することで軍が維持できると。役割があるんですね。
不確かですがアリも同じだったような・・・
生き物って面白いです


茨城の養蜂場の自生している山栗。とっても小さな栗で味が濃く甘いんです。
まだ暑いけど、色付いてますね
栗

スポンサーサイト

合同

今年は色々と養蜂苦戦しております。
まず、昨年は大量の蜜が取れたので、今年は開花が少なかったのか?
収穫量がとても少ない。
近くにツバメの巣があるのですが、いつもは夏にミツバチを食べに来るのに春からミツバチを食べに来ました。
賢くてミツバチが帰宅する2~3時頃に巣箱の上空を飛び、蜜を持ち帰るミツバチを食べるのです。
(仕事に飛び立つ空っぽのお腹のミツバチより、仕事帰りで花蜜や花粉を持っているミツバチの方が美味しいですよね)
お蔭で働き蜂が少ない。


さて、古い女王様・・産卵が落ちて来ました。
既に後継者の新女王群がおり、十分仕事をしてくれました。
古い女王群の働き蜂は、血縁のない新女王群と合同させます。
しょぼしょぼの古い群。これじゃダニの寄生、越冬は数が少なすぎて単独にしておけません。
2_20170724165715cfd.jpg

継箱を乗せ、1段目と2段目の間に新聞紙を挟み、新聞紙に適当な数の穴を開けます。
下の段に古い群(旧女王は抜いておきます)、上の段に新しい女王群(強群)
新聞紙には酒を撒いてあります。マニュアルによりますと、酒が互いの匂いを消し、仲間荒れを防止するのだそうです。
合同が上手く行くと、新聞紙の屑が巣門から出されます。
3_20170724165716d82.jpg

誤算・・古い女王は殺生せず隠居箱に少しの働き蜂と過ごしてもらうつもりでしたが、古い女王を捕まえるのにもたついてしまい、隠居箱に居た働き蜂が元箱に戻ってしまいました
古い女王を捕まえたものの・・・仕える働き蜂が居ない!ひえ~!
今更、働き蜂を連れ戻すのもなんだし(面倒くさかった)
万一、合同に失敗した時の為に王籠に入れました(言い訳)
いずれにしても、働き蜂達と離してしまったら(女王が不要)殺さなければならないでしょう・・・
合同に失敗しても産卵枠が残っているので、働き蜂達が新女王を作ってくれるでしょうから。

養蜂研修時のこと、先輩養蜂家さん達から、女王更新は毎年してらっしゃり、更新時に古い女王を踏み潰して殺すと。
初めは出来なくて泣く泣くやったと。
私は、これまで一度も殺生したことがありません。
殺さなくても結局は、用済みの女王は巣箱から追い出されるとか、働き蜂が全て居なくなり最後は女王が巣箱の隅で亡くなる。そんな光景を何度か見てきました。
さて、どうしようか・・・かんがえる、考える。悩む・・・

余談ですが・・人工分蜂など巣箱を直ぐ近くで分ける時は、必ず幾らかの働き蜂は元箱へ戻りますので、戻る数を考慮して新箱へ働き蜂を多めに入れます。まだ外勤していない若蜂の枠を新箱へ入れて置くと元箱へは戻りませんので若蜂枠を入れてみてくださいね。

結晶ハチミツでハニーバター

最近思うのですが、サラサラした新蜜もいいけど結晶したハチミツは扱いやすくていいなぁ。と。
結晶したハチミツはトーストに塗りやすいんです。
そこでバターとハチミツをそれぞれ塗るより一緒にしちゃえ~
結晶ハチミツとバターを混ぜてハニーバターを作りました

(材料)
結晶ハチミツ・・(これはクリーム状に結晶しています)
バター・・食塩不使用(食塩入りでもよいです、お好みで)
ハニーバター3

常温にバターを戻し、少し柔らかくなったらハチミツと混ぜます。
ハチミツとバターは同量にしました。
バランスはお好みでどうぞ。
ハニーバター2
しっかり混ぜます
ハニーバター1
型に入れて冷凍庫で固めます
かた
完成~!
しっかり型に押し込めなかったので、形が崩れています
ま、いいか
ハニーバター4
ラムレーズンを入れたり、砕いたナッツなどを入れても美味しいかもしれません

余談ですが、私の友人は結晶ハチミツを好んでいます。
どうして~?と聞いたら、彼女は紅茶好きでミルクティーに私の結晶ハチミツを入れると、キャラメルのような風味でとても美味しいの。と言います。
ならば私もやってみましたキャラメルかどうか別として、コクが出て美味しかったです



ようやく・・・

長い間ブログやHPを更新せず申し訳ございませんでした。
昨年は4月には気温が上がり早い段階で爆発的に働き蜂が増え、大量のハチミツが収穫できたのですが・・
その反動でしょうか?今年は身近な蜜源花があまり咲かずハチミツの溜まりが遅いのです(涙)
これも自然のことだから仕方ない・・人生と一緒でいい時もあれば悪い時もある・・でしょうかね。

ハチミツを楽しみしてくださるお客様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
ようやく販売開始致しました。詳しくはホームページへhttp://www.msbeegarden.com/


2008年頃の映画西の魔女が死んだのおばあちゃんの家。大好きな映画でロケ地へは何度か行きました。(残念なことに、このおばあちゃんの家は取り壊されております)
西の魔女
映画の中で、おばあちゃんと孫のまいちゃんが原っぱのようなイチゴ畑でイチゴを摘んで庭のかまどでジャムを作るシーンがありとても素敵だな~と思いました。

映画とは程遠いですが、茨城では(父の小さな家庭菜園)おばあちゃんのイチゴ畑のように、イチゴがなっていました。
畝などなく、手入れされていない野っぱらのようなのでイチゴを潰さないよう歩かねばなりません(笑)
誰も食べないので、完熟したおいしそうな実は蟻に食べられていたり・・
摘みたてのイチゴの甘酸っぱい香りに心が豊かになりました
イチゴ1
凸凹でおブス苺ちゃんです(笑)
イチゴ

さて、茨城の養蜂場ですが、ブルベリー、ラズベリーが今年はたくさん実を付けています。
このまま食べられるよう実が落ちないと良いのですが・・
西魔女のおばあちゃんのように、自家製ジャムが作れるようになりたいなぁ。
ブルベリー ラズベリー

今年はどうなんだろうか・・

早いもので5月。いつもならハチミツを搾る時期がだいたい予測できる程度の蜜が溜まっているのですが、今年は立ち上がりが遅くて
ボチボチ蜜が溜まり始まったという状況です。
昨年はたくさんの蜜が採れたので今年は例年よりも少ないのかなぁ・・
まだカナメモチやエゴなども咲いていないし、雑木林の花蜜にもこれから期待するとしましょう

さて、これはなんでしょうか?
ウワズミザクラです。高木なのでなかなか写真に撮る事ができなかったのですが、手の届くところで発見!
遠くから見ると、コップを洗うブラシみたいにフサフサした花のような、ねこじゃらしのような感じに見えたのですが、小さな花の集合体だったのですねそして香りが桜餅の葉のような匂いがほんのりしていました。
調べたところ、このウワズミザクラはバラ科。ミツバチも好きそうです。
実は杏仁の香りににているそうで、アンニンゴとも呼ばれるとか。
そういわれてみれば、杏仁の香りにも似ていました~
ウワズミサクラ

プロフィール

べスパ・マンダリニア

Author:べスパ・マンダリニア
小さな庭(JARDINET)で蜂との共生を楽しんでいます。
皆様にもその味を少しでもお届けしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
<meta name=蜂蜜 はちみつ 練馬区 ねりま 養蜂 みつばち content="AAA,BBB,CCC,xxx,yyy,zzz">
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。