FC2ブログ

楽園作り・作業小屋の完成

茨城の養蜂場の作業小屋が完成しました。
少ない予算しかなく、大工さんには外装中心にできるところまでで建築をお願いし、内装は自力で作ってゆけばよいと、大工さんに相談して建築をお願いしたのですが、大工さんのご厚意で住めるように快適な家が完成しました。
もう、小屋と呼んでは失礼な感じなくらいです
ここに辿り着くまで多くの方にお世話になりました。
この場を借りて心より感謝申し上げます。
関わって下さった方のこと、そして伐採された大木のことを忘れず、なるべく元の雑木林に近づけるよう努力し、ミツバチと共にここでの暮らしを充実させたいです。そしていつも応援してくださる方に、少しでもここの自然のお裾分けができたらいいなと思っております

(2月4日に雪が降って雪化粧をした、蜂場庵)
雪景色

一番にやりたかった、蜜蝋作りを庭でしました。
ターシャのような美しい蜜蝋作りとは、随分と違いますが・・・(笑)
昨シーズンのハチミツを搾る時に切り落とした蜜蓋と無駄巣などを少し湯を入れた鍋に入れ、火にかけ煮溶かします。
ホームセンターで購入したカマドの出番です。
庭先に落ちている枯れ枝を集め火をおこしました。
蜜蝋1

溶けると蝋についていたゴミやカスが浮いてくるので、取り除きます。
火から下し、冷めるのを待ちます。この日はとても寒くて直ぐに表面は固まり蜜蝋ができてきます。
固まった表面の蝋をすくい、綺麗な鍋で再度火にかけ、濾しながら容器に入れて冷めて固まれば蜜蝋の完成です。
お鍋一杯の蝋も濾して行くと、あまり量はとれません。いや、あまりの寒さに途中で止めたんです
雪が降った翌日に行ったので、耳がちぎれるんじゃないか?と思うくらい北風も強くて。
地面の土も雪と混じってドロドロぐちゃぐちゃ!長靴も泥だらけ。足の指先がジンジンと冷えて痛かったです。
子供の時、足がしもやけの子が居たけど、我慢していたら、しもやけになったかなぁ?
今時、しもやけの子供なんていませんよね、きっと。こんなこともちょっと楽しく思えました
また次回チャレンジです(笑)
可愛らしいキャンドルの型も用意したので、キャンドル作りもしたいと思います
蜜蝋3

お口なおしに、目の保養に(笑)・・・敬愛するターシャのキャンドル作りに憧れた風景です。
比べると笑っちゃうでしょう敵いませんなぁ・・。
まだ初めの一歩ですから・・いきなりターシャのようには行きませんよね。
でもこんな風に優雅なキャンドル作りを夢見て、今出来る範囲で楽しみます
ターシャ ミツロウ



スポンサーサイト



プロフィール

べスパ・マンダリニア

Author:べスパ・マンダリニア
小さな庭(JARDINET)で蜂との共生を楽しんでいます。
皆様にもその味を少しでもお届けしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
<meta name=蜂蜜 はちみつ 練馬区 ねりま 養蜂 みつばち content="AAA,BBB,CCC,xxx,yyy,zzz">