FC2ブログ

12少女隊から11少女隊へ

11月23日
朝、観察箱を覗いたら女王を囲んで温かさを保っていたようです。
巣箱内の温度17度。
早く、巣脾を低くしないと冷えて死んでしまうかも・・
12少女隊のうち、1匹が餌用のハチミツで溺死。
好きなハチミツをたくさん飲み、お尻の黄色い縞模様は透き通ったあめ色となり、パンパンに膨れていました。
幸せな最期だったと思います。合掌
餌をハチミツと花粉にしました。溺れないよう浅いトレーにしました。
11225 002


11月24日
昨夜の天気予報で最低気温が下がるというので、保温に気を使いましたが、
巣箱内の温度は15度。
短時間暖房を入れたら、あっ!という間に気温が20度になりました。
元気な子は、観察箱内を飛びはじめました。

まだ観察箱の改良はしていません。
ミツバチが元気いっぱい観察箱内を飛び回るので、容易に蓋を開けられず、
不本意ですが巣を放り込んでみた。
そうしたら、ミツバチ達が巣に上がりはじめました。
11225 007



11月25日
巣箱内の温度15度。
ダメかなあ~と思ったけど、みんな無事でした。
特に変化がないので、11少女隊の写真は割愛します♪

庭に出たら、巣箱の周りにミツバチの死骸がたくさん落ちていました。
寒くなるこの時期に、よくある光景です。
仮死状態のミツバチを狙って、シジュウカラが今年もやってくるでしょう。
新しそうな死骸をトレーに入れ、少しハチミツを入れてラップをします。
ここで電子レンジでチン!なんてしませんよ。
太陽の日差しにあてます。
11225 004

暖かい日差しに、翅や足が広がってきます。
5匹位が生き返り、数時間後に居なくなりました。
巣箱に戻ったかは不明です。残りは完全に死んでいました。
11225 006
蘇生したところで、弱いミツバチは巣箱内に入れてもらえるのだろうか?
強いものだけが生きられる自然界の掟。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

べスパ・マンダリニア

Author:べスパ・マンダリニア
小さな庭(JARDINET)で蜂との共生を楽しんでいます。
皆様にもその味を少しでもお届けしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
<meta name=蜂蜜 はちみつ 練馬区 ねりま 養蜂 みつばち content="AAA,BBB,CCC,xxx,yyy,zzz">