FC2ブログ

Country road

John Denver のCountry road な気分で故郷へ。
若かりし頃は田舎が嫌だったけど、
ミツバチと出会い、導かれるように茨城でも養蜂をはじめて。
私も歳を取りました、望郷の念が強くなりました。
定年退職をして田舎暮らしをされる方々の気持ちもわかる気がします。
どうです、のどかでしょう?
私のミツバチ達はこんなのんびりした所で暮らしています。
ibaiba 001 ibaiba 002

昨日の森の中の気温は34度。
暑いじゃん!と思うでしょうが、森の中だから涼しく感じます。
一歩森へ入れば、小鳥の歌声や風に揺れる葉っぱの音、森を抜ける風が
なんとも心地よく、清涼感を与えてくれます。
でもね、繋ぎの作業服に皮手袋、腕カバー、長靴、面布という網が付いた
帽子の出で立ちは、物凄く暑くて汗だく。目に汗が入るの!
若かりし頃は顔に汗をかくことは無かったけど、歳よね~。

昨日の娘達は、まったりとしていました。
まだ花蜜や花粉が取れるから、穏やかなのかしら?
写真のように、あちこちで収穫した蜜を口移ししています。
ibaiba 004
この口移しの行為がアダとなるらしく、農薬散布された所で蜜集などの
仕事をしたミツバチが帰宅し、収穫物を口移しをするので
多くのミツバチが農薬で死んでしまうそうです。
幸い茨城、東京で飼っている娘達は、大規模な農薬散布がないので
無事に暮らしていますが、農村地帯での養蜂は本当に大変です。
農薬によるミツバチの死骸を、趣味の養蜂の先輩達のブログで
拝見しましたが、体を苦しそうに丸めて死んでゆくのだそうです。
こんなに辛いことはないです。

養蜂先進国のフランスでは、ミツバチに悪影響を与える農薬の
取扱いを禁止したそうです。日本は禁止されていません。
バブルの頃は日本に農業なんていらねぇ。という勢いでしたから、
農業従事者や家畜などのことなど国は考えちゃいないのよね。
昨日今日始めた私が偉そうな事は言えないけど・・。
ミツバチを通して色々考えさせられます。



ハチミツのご購入はショッピングカート又はブログカテゴリの「ハチミツの販売」よりどうぞ。
ショッピングカート←クリックすると飛びます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

べスパ・マンダリニア

Author:べスパ・マンダリニア
小さな庭(JARDINET)で蜂との共生を楽しんでいます。
皆様にもその味を少しでもお届けしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
<meta name=蜂蜜 はちみつ 練馬区 ねりま 養蜂 みつばち content="AAA,BBB,CCC,xxx,yyy,zzz">