FC2ブログ

宿敵現る!

前回、書きました練馬の奇形かも知れない?未交尾の女王ですが、昨日、内検をしたところ、産卵しておりましたどうたら交尾飛行は成功したようです
数日前から産卵開始したようで、目を凝らして見ると、卵からうっすらと乳白色の小さな小さな幼虫へと変化しているではありませんか!
女王と小さな小さな幼虫を発見した時は、言葉に出来ない感動がありました。
12か月のうち10か月は、ミツバチの心配をしてます(心配性)が、こういう感動があるから続けられるという感じです。
練馬は12月になっても産卵が続くので、たくさん産卵し、蜂数を増やして越冬できることを願っています


一つ心配が減ったところで、今度は茨城のミツバチ達は、宿敵スズメバチの襲撃が始まっていました。
スズメバチの襲撃に備えて、巣箱の出入り口にスズメバチ捕獲器を設置しておりましたので、巣箱内は大丈夫なのですが、スズメバチの襲撃に働き蜂が巣箱を護ろうと、次から次へと巣箱から出て戦うので、スズメバチに殺されてしまいます。
捕獲器を付けたのだから、巣箱内にスズメバチが入る事はないのだから、安心して巣箱の中に居てちょうだいと願うのですが・・防衛本能は命あるもの全てに備わっているから・・戦士なんですよね。戦いに敗れた働き蜂の大量の死骸が地面に広がります
写真は、スズメバチ捕獲器(網の中にオオスズメバチが捕まっています)、地面に茶色い埃の塊のように散らばっているのは、戦死した働き蜂です。
スズメバチ2

捕まったスズメバチ20匹くらいです。
金属の網をガチガチかじっています。
このまま1~2日すると水分が取れず死んでしまいます。
スズメバチ3
オオスズメバチが5,6匹巣箱を狙ってホバリングしていました。
虫取り網で、サッと捕まえて殺しますが、昨年あたりからオオスズメバチが威嚇をしてきます。
この日は、到着して直ぐに、革製の手袋をした手にいきなり止まりました
作業用の手袋なので、ミツバチのプロポリスやハチミツが染み込んで匂いがしたのだと思います。
しかし、オオスズメバチというだけあって、大きい!女性の親指くらいの大きさ!
養蜂用の作業着で全身を保護しているから、オオスズメバチがブンブン飛んでいても、なんとか居られるけど、防具なしでは恐ろしくて近づけないです。

(スズメバチトラップ)
スズメバチが好む、ジュース(酒、砂糖、酢、果汁入り)をペットボトルに入れ、蜂が通れるくらいの多きさの穴を開け、入ったら出られないよう内側に穴を折り込んでいます。
この仕掛をスズメバチの通り道に幾つか取り付けます。
入ったスズメバチは出られず溺れ死にます。
時々、この中にクワガタも入ることがありますよ
スズメバチ

スズメバチバスターにお願いして、オオスズメバチの巣を取り除いてもらおうか?と一瞬頭をよぎりましたが、
(養蜂家にとっては、蜂群が全滅させられ、損害が大きいのです)、オオスズメバチも自然界には必要な生き物、わざわざ巣を探してまで駆除することはやはりフェアーでないな・・と。
出来る限り、襲撃からミツバチを最低限護れるよう工夫して様子を見ます。
またしばらく心配の日が続きそうです
がんばれ!ミツバチ!!


~お知らせ~
ハチミツの販売しております。詳しくはホームページをご覧ください。
コチラ→M's Bee Garden




スポンサーサイト



プロフィール

べスパ・マンダリニア

Author:べスパ・マンダリニア
小さな庭(JARDINET)で蜂との共生を楽しんでいます。
皆様にもその味を少しでもお届けしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
<meta name=蜂蜜 はちみつ 練馬区 ねりま 養蜂 みつばち content="AAA,BBB,CCC,xxx,yyy,zzz">