FC2ブログ

ボロボロの巣脾

茨城の蜂場近くの田んぼです。
一部稲刈りが済んでいる場所がありましたので、ここも近々稲刈りが行われそうです
田んぼの向こうに見える森が私の蜂場、なんて嘘、ほんの一角です(笑)

楽園作りの方は、いよいよ小屋の建築(大工さんが建てます)が始まります。
完成予定は12月末です。

練馬の弱群の巣脾がスムシ食い荒らされてしまいました
凹んでいる所にスムスの卵と幼虫がいました。平らであるべき巣脾が凸凹に。
スムシの幼虫や卵をピンセットやファイブツールで取り除きます。
その後、強い群の巣箱に入れ、掃除を頼みます
IMG_4747.jpg

あら、やだ、before・afterの写真を載せたかったけど、違う巣脾だわ
ま、掃除をしてもらうと、削り取ったところは凹んだままですが、大部分は平らに修復してくれます。
凸凹だと、採蜜する時に蜜蓋を切り取るのが面倒になり、不都合が多いんですよね。
使い物にならない物は、巣礎の張替をします
こういった作業は冬の仕事の一つになります
(↓掃除をしてもらった巣脾)
KIMG0452_20130913172828841.jpg

春の隆盛だった頃をちょっぴり懐かしく思いながら、作業は冬支度へと移ります。
ミツバチ達に綺麗に掃除をしてもらった巣板(巣脾)は、来年の春まで保管しなければなりません。
密閉容器に巣板とドライアイスを入れ、巣脾の殺菌をします。
その後、ワサビのシートを密閉容器に入れて保管します。
このワサビ、凄く強烈で涙と鼻水が出ちゃうんですよ(笑)
人間だって参ってしまうのだから、虫も敵わないわけです
この保管の他に、業務用冷凍庫も使っています。

こうやってブログを書いていると、養蜂終了時期みたいだわなんてリラックスしちゃうけど、
スズメバチを忘れちゃいけない
茨城群はオオスズメバチが一度に7匹位襲撃に来ているんです
巣箱の前で、じーーーっとオオスズメバチを見ていたんですが、彼女達、喧嘩するんですよね。
同じ姿でも縄張りがあるみたい。ミツバチだって同じですが・・。
仲間と思わしきオオスズメバチ同士は、頭を突合せ、なにやらヒソヒソ話をしているような感じの行動をしています。
オオスズメバチは体が大きいので、ミツバチのように小回りが利かず、空中を飛ぶミツバチを捕まえるのは容易ではないみたい。
オオスズメバチの敵同士だと、低空飛行でバチバチという音を立てて戦います。
でも見ている限りでは殺し合うことは無かったです。
割と勝負はあっさりして、負けたと思うオオスズメバチが巣箱から去りました。
暫くしたら、負けた方がまた来るのかどうか?分かりませんが・・
なにせみんな同じオオスズメバチなもんで区別がつきません(笑)
それにしても、自然界はうまくバランスが取れるように作られているもんですね。
しかしまあ、オオスズメバチ、困ったもんです
オオスズメバチの羽音が身近で聞こえたら、凍り付いたように動きません
スズメバチのチェックが済むまで、息を止めるくらいじっとして、彼女たちが離れるのを待ちます
なんだかオオスズメバチに負けた気もするのですが、ガチで勝負したら圧倒的に向こうは強いですものね。
逆らわず、冷静にですね・・。


~お知らせ~
ハチミツの販売しております。詳しくはホームページをご覧ください。
コチラ→M's Bee Garden


スポンサーサイト



プロフィール

べスパ・マンダリニア

Author:べスパ・マンダリニア
小さな庭(JARDINET)で蜂との共生を楽しんでいます。
皆様にもその味を少しでもお届けしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
<meta name=蜂蜜 はちみつ 練馬区 ねりま 養蜂 みつばち content="AAA,BBB,CCC,xxx,yyy,zzz">