FC2ブログ

楽園作り3・基礎工事

9月16日の台風18号が過ぎて、朝の気温がぐっと下がり肌寒く感じます。
いつも9月は夏のように暑い日が多いので、ミツバチの世話もまだまだ時間がたくさんある!なんてのんびり構えていたので、予想外の早い秋の到来に少し焦っています。

まず、練馬群は弱群の蜂数がもう少し増やしたいところなので、強群から出房間近の有蓋枠を一枚抜いて与えようと思っていたところです。あまり気温が低いと、働き蜂の数が少ないので十分に保温が出来ず有蓋枠に居る幼虫が育たないのです。そうは言ってもまだ最低気温が20度なので間に合いますが、なにせ心配性なので
それから茨城群は、相変わらずオオスズメバチが大群で攻撃をしており、内検ができる状態ではありません。
同じ場所で何年も飼育しているので、スズメバチ達に巣箱の位置を覚えられてしまい、人間が自分達を殺すということを学習したようで、巣箱に近づくと、直ぐ様、偵察?と思うようなオオスズメバチが近づいて来ます。
更には、台風18号の影響で、立ち枯れしていた大きな松の木が倒れ、細身のエゴの木とさらに細い名前の知らない木の2本で倒木の松を支えており、巣箱への直撃を阻止しています。
今までも、なんども巣箱の近くに大きな枝が落ちたり、木が倒れて、「危なかったね」という経験はあるのですが、今回はもう一度、大型台風が来たら巣箱の上に落ちるかもしれません
倒木を切ろうか?と考えたものの、3階建て位の長さがあり、引っかかった位置も3メートルは超える高い所なので、切ることによって、巣箱に落ちることも考えられるのでこのまま見守り、神に祈るしかありません
重機は入りそうにないので業者さんに頼むことはできないし、入ったとしてもオオスズメバチが居るところで作業をさせるなんて、自殺いや殺人行為ですよねぇ
森の中での養蜂は、小鳥のさえずりが聞こえ、太陽の日差しに輝く新緑を眺め、時折吹く風の心地よさを感じられる最高の職場なのですが・・良い事ばかりではありませんね
なんとか強風にならないことと、スズメバチの襲撃が終息することを願うばかりです。

楽園作りは、基礎工事が始まりました。
水道と電気工事も進められておりました。

建築地に砂と砂利を敷き詰め、重機で地盤を固めておりました。
大体工事期間は一週間ほどかかるそうです。

秋になり、養蜂道具の後片付け(巣箱の洗浄、消毒)やら、蜜蝋作りなどの仕事をそろそろやらねば
それにしても、急激な天候の変化・・この先が心配になります



~お知らせ~
ハチミツの販売しております。詳しくはホームページをご覧ください。
コチラ→M's Bee Garden


スポンサーサイト



プロフィール

べスパ・マンダリニア

Author:べスパ・マンダリニア
小さな庭(JARDINET)で蜂との共生を楽しんでいます。
皆様にもその味を少しでもお届けしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
<meta name=蜂蜜 はちみつ 練馬区 ねりま 養蜂 みつばち content="AAA,BBB,CCC,xxx,yyy,zzz">